スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

e.maxプレスセラミック

発表者 五十嵐渉


e-max1
WAX UPで形態を回復する


e-max2
フォーマーに殖立


e-max3
埋没し、ファーネスにセットする


e-max5
プレス終了後の断面写真


e-max6
掘り出した直後の状態


e-max7
患者様の支台歯を模倣した、擬似支台を製作する


e-max8
擬似支台を入れた状態で、ステインを塗布する


e-max9
完成
スポンサーサイト

DSシステムを用いた上下総義歯の症例

発表者 木下淳

IMGP3372.jpg

重合、掘出し後の写真。

IMGP3378.jpg

研磨後の写真。
重合による変形がほとんど無いことがわかる。

IMGP0004.jpg

IMGP0005.jpg

口腔内での適合状態。
上顎のポストダムが大きく深いので、
その部分はフィット不足になってしまったが、
その他の部分は良好に適合している。

IMGP0007.jpg

全く咬合調整をせずに、口腔内では
ほぼ完全な咬合をしています。
(リンガライズド臼歯を使用)

以上の結果から、DSシステムは重合変形の
少ない重合システムだあると言える。

義歯による顔貌の変化

発表者 本間理恵

IMGP3539.jpg

無歯顎の患者様の口腔内の状態。
顎提の吸収が進んでいます。

IMGP3552.jpg

IMGP3551.jpg

旧義歯の写真です。
噛めない、痛い等、満足のいかない義歯を使用
されていました。見るからに左右アンバランスで、
反対咬合でした。

IMGP3558.jpg

IMGP3560.jpg

合わない義歯を使用していたため、義歯が
回転沈下し、その結果顎提の吸収も進み、
前歯部にフラビーガムができたのだと思われます。

IMGP3541.jpg

新製義歯の排列時の写真です。
正常咬合にし、フルバランスで並べました。
また、左右対称になるようにしています。

Pt.竹中末松・旧義歯装着のコピー

旧義歯装着時

Pt.竹中末松・新義歯装着のコピー

新義歯装着時

顔貌も以前の義歯を装着している時より
若々しくなったと感じます。

患者さんからも、「入れ歯がぐらつかず、
よく噛める」と仰っていただきました。

アンテリアガイダンスとオベイドポンティック

発表者 永井麻衣子


IMGP3355.jpgIMGP3356.jpg

前突が気になるとの訴え。以前のブリッジの模型を参考にいただきました。


 

IMGP3358.jpgIMGP3359.jpg

切歯路が顆路より傾斜が小さい場合、滑走運動時に顆頭が逆方向に
回転してしまうため、下顎運動が不自然になってしまう。
切歯路角は顆路角と等角度は、または顆路角より+25°以内の
急傾斜において、意思、神経と筋肉、審美、発音と調和した
アンテリアガイダンスを与えることができる。

IMGP3360.jpg

IMGP3350.jpg

ポンティック基底部の粘膜に、ラウンドバーにてディンプルを形成する。
基底面を卵型に突出させ、欠損歯肉内よりポンティックを
立ち上げることにより、審美的効果が得られる。

IMGP3403.jpg

IMGP3404.jpg

基底面が凸型であるため、顎提に吸収がおこっても
良好な清掃性が得られる。

ポンティックは他の補綴物と調和している。

歯列拡大床への一工夫

発表者 野澤康二


下顎歯列の拡大にともない、ドクターサイドで調整
しやすい設計を施した症例です。


20070809192810.jpg崩出にともなって、調整しやすいように、
アダムスクラスプをアレンジしました。
鉤先の調整がしやすいようになっています。

aPICT0009.jpg舌側弧線を、エキスパンションスクリューで
臼歯部を拡大し、前歯を唇側への拡大の
ための調整がしやすいように工夫しました。
2本の弧線が、早い時期の列動を可能にします。


aPICT0007.jpg床拡大後、崩出してくる下顎左右3番を、唇側弧線の
かわりに調整できる補助断線をつけました。
(舌側弧線ループ部)
少し長めにしてあります。


20070809192818.jpg拡大床装着後。
今後の拡大にともなっての調整がしやすいよう、
工夫してあるのが特徴です。


20070809192747.jpg
20070809192800.jpg

         
サイト内検索

Menu

  • お知らせ
  • 歯科医師様へ
  • 製品案内
  • ラボ見学
  • インタビュー
  • ケースプレゼンテーション
  • BPS
  • 会社案内
  • 採用情報

[サイトマップ]

お問い合わせフォーム

お名前:
E-Mail:
お問い合わせ内容:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。