スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採用情報

求人情報に関しては、株式会社シンワ歯研のホームページを閲覧して下さい。

www.shinwa-shiken.co.jp
シンワマーク
スポンサーサイト

三浦孝司先生「私の義歯設計のポイント」

新潟市横越中央で開業されている三浦孝司先生の診療所にお邪魔して、お話を伺いました。

三浦孝司先生 三浦先生と一緒に

酒井:早速ですが、まずはじめに欠損歯列を読む時のポイントは?
三浦:えーっと、まず義歯かブリッジかということですよね。やっぱり残存歯数とその配置がかなり重要ね。ブリッジにならない場合っていうのは欠損歯数が多かったりすると床で負担しなきゃならないよね。
酒井:設計を考える時、何を一番重要視されていますか?
三浦:加圧と受圧の関係が一番!あと患者さんがどれだけお金をかけていいものなのか影響してくるよね。
酒井:設計を考える時、加圧と受圧・配置それに関連してクラスプを見る時、維持・支持・把持どれを重要視されますか?
三浦:えーっと、僕はやっぱり支持→把持→維持の順番で考えるんだけども患者さんから見ると「維持」なんですよねー。僕らの場合は残っている鉤歯を守っていく。患者さんの場合は「はずれない」っていうのがすごく大事な要素なんです。
酒井:先生は、シンギュラムレストをよく使われていますが、どうしてですか?
三浦:やっぱりシンギュラムレスト!特に犬歯ですよね。支持なんですよ~。その力が根尖に向って確実に伝わっていく事と、ある程度把持も期待できるんです。維持力に関しては、そんなに強くないかもしれないけど、支持の面では将来的に前歯の補綴、前装冠とかMBを入れる場合は、予め基底結節にシンギュラムレストを付けといて、その可能性を常に予想してトラブル予防します。僕は自分の中では、変な言い方だけど費用を抑えたコーヌスって感じかな。
酒井:きもーち維持を求められる、そーゆー設計が望ましいと言うことなんですか?
三浦:そーですねー。審美的にも唇側はワイヤーとコンビでやってみたりね。でも唇側に維持がなくてもレストだけあれば結構きれいで使える義歯になりますよ。後もう1つ、シンギュラムレストを使うのは、昔のエーカスタイプのものを見ると鉤歯から滑ってしまっていて顎堤が吸収されている場合が多く、そういう意味で顎堤の保存にもなるかなと思いますよ。
酒井:先生はコーヌスを使われることが有りますが、コーヌスの良さっていうのは、どんなところですか?
三浦:例えば何歯か鉤歯にしてあって、そのうち1本が破折にしても修理が非常に楽というかね、金属床に比べてそのコーヌスをずっと使い続けることができるし、審美的にも普通の金属床よりずっと良いですね。あと脳血管障害で片マヒのような方とかは、コーヌスとか、マグネットのような着脱しやすいものを考えてあげれば良いと思います。ただ冠をはずして作ったけれどもコアが短くて破折したりとかトラブルも結構あるし、やっぱりコストねぇー高すぎてなっかなかすすめられないんですよ・・・。
酒井:コーヌスを使っていて維持力がなくなってくる事はありますか?
三浦:あります。
酒井:そーゆー場合はどうされるんですか?
三浦:うーん・・・何をやっても駄目な場合は、全部バラしてピックUP印象して修理しますね。だから、コーヌスっていうのはフォローも非常に大変なんですよね。でも、すごい維持がですぎて自分じゃ絶対外せない場合っていうのは歯牙に対する負担が大きくて歯の寿命が短くなる。それが一番怖いです。
酒井:義歯をSETした後、気を付けていることは何ですか?
三浦:破折、小さな変化、汚れがどこにつくか、床の内面あるいはコーヌスだったら外冠の内側とか、そういうのはできるだけチェックしてますね。あとヒビがないか。とりあえず補綴物に関してはよーく観察してます。鉤歯・残存歯はリコール・メンテナンスを必ずするようにしていますね。
酒井:最後に、今までの質問を総括して・・・
三浦:そーですね。結局残っている歯を守るためにはやっぱりリコール・メンテナンスを確実にすること。1ヶ月から3カ月の間にクリーニング、要するにPMTCが保険でできるようになってるんです!
酒井:Oh!それは患者さんにとってうれしいシステムですね!今日はありがとうございました。

会社概要

代表取締役:石澤 亮一
会社設立:昭和51年5月21日
資本金:2,000万円
社員数:51人 (2011年11月)
事業内容:歯科技工全般

◆新潟本社◆
〒950-2032
新潟県新潟市西区的場流通2丁目4-3

TEL:025(268)7505
FAX:025(268)7506

E_mail:左メニューの「お問い合わせフォーム」からご連絡下さい。


■アクセス

当社へのアクセスマップ

私たちの思い

 弊社は新潟を中心に前身からかぞえ半世紀に渡り、歯科技工を営んでおります。現在取引先は新潟大学歯学部をはじめ、医院様約150件になります。
 経営理念に「歯科技工を通じて、社会に貢献する」と掲げております。それは患者様や先生方、クリニックのスタッフの方々に必要な存在であり続けられるという意味であります。そのために大切なキーワードは、イノベーション(技術革新)クラフトマンシップ(技術者魂)と考えております。
 患者様にとってより快適で健康、安全な補綴物を提供できるようイノベーション(技術革新)を取り入れております。また、技術もモチベーションの高いクラフトマンシップ無しでは進歩しません。OJT、研修会を通じて、社員教育に努めております。
 最近、技工学校の相次ぐ閉鎖、また、若い技工士の離職、(技工士学校卒業後、半数以上が他の業種に進むそうです)と、今日本の技工士界は危機的状況にあるといえます。このままですと、将来の日本の歯科技工を支える人材が育ちません。若い技工士が仕事の面白さを感じ、やりがいを感じられる、歯科技工士がそんな職業になるよう努力していかなければと考えております。
 先生方におかれましても、一層のご理解を御願い致します。
 健康と快適、そして美しい笑顔を患者様に御提供されている先生方と一緒に、これからも歩んでいきたいと考えております。


イメージ写真

総義歯

総義歯
デンチャーステインもオプションで可能です。

アタッチメント

アタッチメントアタッチメント
デグサエキストラテックミニのケースです。

軟性裏装材

軟性裏装材
低反発表材の軟性レジンを使用しています。

矯正装置・床拡大装置

「矯正装置」
矯正装置

「床拡大装置 ファンタイプ」
床拡大装置 ファンタイプ

レーザーリフォーム

reiza1reiza1reiza1
義歯床部分はそのままで、破折修理や増鉤ができます。

ウォルセラム コーピング

ウォルセラム コーピングウォルセラム コーピング
ウォルセラムでつくる高精度コーピング。多くのラボと取引をしております。

クリアクラスプ

クリアクラスプクリアクラスプ
複合材の含まないポリカーボネート樹脂によるクラスプです。
唾液を介すと全く目立ちません。

作業室(2F)

作業室1作業室2

主な設備
・実体顕微鏡 5台
・ヘレウスミーリングマシーン 1台
・エルコフォームRVE

ポーセレン室(2F)

ポーセレン室1ポーセレン室2

主な設備
(ポーセレンワーク)
・ウォルセラムシステム
・インセラマット3
・デケマD4
・セラフュージョン
・KDFマスター
(硬質レジン、ハイブリッドセラミックス)
・クルツァーマックス 3台
・ソリデライト 1台

鋳造室(2F)

鋳造室

主な設備
・ヘレウスCL-1
・チタニューマー 2台
・KDF009 2台
・その他ファーネス 4台
・サンドブラスト 4台

研磨室(2F)

研磨室

主な設備
・ハイスピードグラインダー 4台
・レーズ 5台

予備室(2F)

予備室

主な設備
・レーザー溶接機
         
サイト内検索

Menu

  • お知らせ
  • 歯科医師様へ
  • 製品案内
  • ラボ見学
  • インタビュー
  • ケースプレゼンテーション
  • BPS
  • 会社案内
  • 採用情報

[サイトマップ]

お問い合わせフォーム

お名前:
E-Mail:
お問い合わせ内容:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。