スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストローマン CAD CAM導入!

この度、シンワ歯研ではSTRAUMANN CADCAMを導入することになりました。

これにより、ジルコニアクラウンや、メタルボンド(チタン・コバルト)を製作することが可能になりましたので、ぜひお試しください。


お問い合わせ、詳細情報等は左のメールフォームよりお送り下さい。


Maschinen_Allein.jpg  scanner_es1_06.jpg

zerion full arch  ticon 6 units bridge


スポンサーサイト

永瀬歯科医院の永瀬先生にインタビュー

永瀬歯科医院様では、現在多くの技工物を出して頂いている中、技工再製率がほぼ0%です。そこで、私たちは何か秘訣があるのではないかと、今回永瀬先生にインタビューをお願いしました。

P1000190.jpg P1000184.jpg

インタビュアー
  永井美恵子・伊藤瞳・佐久間美渚


《永瀬》
私の出身校は新潟大学で、その後新潟大学院を経て、口腔外科に所属していました。その頃、週一回の出張で済生会病院、小千谷病院で働いていましたが、当時は技工をあまり知らなかったんですよ。その時営業に出ていた現在の社長のお父さんと技工の話をしながら仲良くなったのが縁で、開業以来シンワ歯研さんとお付き合いさせて頂いています。


《永井》
いつも大変お世話になっております。


《伊藤》
早速ですが、お付き合いを始めた当初から、再製が少なかったと聞いています。そのためには、いくつかポイントがあると思いますが、例えばフルデンチャーの印象はどのように採られていますか?


《永瀬》
総義歯のほとんどは、個人トレーではなく患者さんの入れ歯を使い、T.コンデ(ティッシュコンディショナー)で機能印象を採っています。T.コンデで印象を採ることで、必要な形に伸びてくれるから非常に安定性が増すんですよ。


《佐久間》
なるほど。 T.コンデで!


《永瀬》
そうなんです。使用中の入れ歯にT.コンデして食事をしてもらい、それを2、3回繰り返すことで筋形成したような床縁の厚みが出来てくるんですよ。それは理想とする入れ歯の形が再現され、患者さん自身も、「これは動かないし、痛くない」となったところで、微細な表面の印象の為に、シリコン印象材を一層塗って最終印象を採るんですよ。あと必要なのは床の口蓋部ですね。上顎に関しては、アーライン後方までの印象を採りたい為、患者さんが苦しがるギリギリまで伸ばしています。



《伊藤》
患者さんの義歯を使って、T.コンデをベースに精密な印象を採り、模型を作るわけですね。


《永瀬》
そうなんですよ。模型を作るときその入れ歯が必要だから、患者さんには「二時間ほど預けて」ってお願いするんです。その間、スタッフが模型を作っているんです。


《伊藤》
先生は必ず模型に外形線の記入をしてくれますよね。


《永瀬》
そうです。それは絶対必要な指示だと思うんですよ。技工指示書に書いたって、細かなところまでは分からないでしょ?例えば、インレーならマージンが大事になるので、指示書に書けない分、模型には書かないといけないと思うんですよ。義歯の床縁も同じで、長すぎると患者さんは痛いと言い、短すぎると安定性が悪いと言うので、印象はもちろん、どういう模型か自分で確認し、外形線記入をしています。仕事をお願いする上で、こちらから出す模型に不備がないかを確認しないで出すなんていうのは、患者さんに対してはもちろんですが、技工所さんに対しても責任のある仕事をしているとは言えませんよね。だから私は仕事を出す前に必ず模型のチェックをしています。


《永井》
先生厳重な確認のお陰で再製を免れていのたわけですね。
先生のお仕事でブリッジ、最後臼歯、後方歯がない場合は必ず付けて頂いているストッパー(エナメルアイランド)についてですが。


《永瀬》
シンワさんとの付き合いの中で一番の問題が7番のFCKが高いってことだったんですよ。一時期はフルマウスで印象を採っていたけど、それでも高いことが結構あったんです。返品したい物もありました。
でも患者さんのことを考えると、一週間待って頂いたのに「もう少し我慢して」と言うのはどうしても出来ないので、削って合わせる。そうするとセットは出来るけど理想的な咬合面ではないし、自分の満足度は低い。そして患者さんも満足してないのではないかと思ったんです。そんな中、削らずに残せばいいというアイディアをもらって、適合性やいろんな問題もありましたが、自分なりに何症例かやってみたところ、『ここまで削って下さい』と模型にラインを書いて、意思疎通さえ上手くいけばピッタリと合うことが分かったんです。模型上ではラインの所まで削って製作し、もし口腔内で浮いていたとしてもストッパーの位置を削るだけで合ってくるんです。
ワックスというのは、位置を決めるには使いやすい良い物ですが、変形したり正確に伝わらないのが欠点なんですよ。
咬合位を伝える為にワックスも必要なんだけれど、高さを正確に伝えるにはストッパーは大事な意味合いがあると思うんです。ストッパーは全ての症例に対して付与出来る訳ではないですが、旧冠を外した支台にもコア用レジンを盛り上げて咬合高径を回復して作っているんです。ストッパーを付けるのにワンステップおいているんですよ。この方法を見つけてからは再製を出さなくてよくなったんです。技工所を信じているし、技工所もきっと私を信じてくれているから出来ることだと思ってます。


《永井》
しっかり削って作らせて頂いてます。


《永瀬》
あと、ロングスパンのブリッジなんだけど、咬合位の回復が難しくなるってことが問題点なんですよ。ところが、支台歯形成の際に三ヵ所でもストッパーを作っておいて、三点で三角形の接触を残せれば、患者さんは何の苦しみもなく同じ位置で咬合回復が出来るんですよ。入れ歯よりはブリッジの方が患者さんの満足度は高いし、もしそうやって歯を残せるなら、抜かなければいけない歯も残していく。
そうすれば患者さんも喜んでくれる。だから技工士は患者さんの喜びが見れない分、かわいそうだよね。
「たまに合わないのが無いのですか?」っていう質問があったけど、あなた方の技術力が高いから、合わないものは非常に少ないんです。ブリッジの平行性で苦労することはあります。でも、それはあなた方が悪いんじゃないからね。技工士が作ったものはきっと入るんだ、という信念でやるんですよ。模型で平行性が悪い所を落としていくと、満足のいく所までマージンが入ります。
うちのオーダーの中に補綴物を上手く入れる為のポイントがあるんだけど、それは内面を黒く仕上げる為に、古いサンドブラストを内面にかけるということなんです。うちの支台のほとんどがレジンコアなんだけど、内面に当たりがあって入らない時に、黒い内面のお陰で、レジンコアの当たっているところに黒いラインが残るんです。そこを削るだけで綺麗に入るんですよ。うちのオーダーはいろんな所にアイディアが入っているんですよ。それに、もう一回同じ仕事をしろとは言えないし、再製作になってしまったら本当に申し訳ないですしね。


《永井》
そうおっしゃって頂ける先生は少ないですね。


《佐久間》
そうですね。



《永瀬》
あなた方も時間をかけて作ってくれてるわけですよ。だから、入らないからといってすぐに再製作にはしない。よっぽど問題が無ければ時間をかけて調整すれば入るし、そうなったら「自分の形成に問題があったんだな」って理解してます。


《永井》
私たちも先生が模型をチェックしてくださっているので、安心して作っています。



《永瀬》
何が大事かって、お互いのコミュニケーションですよ。お互いに2回も作ったら大変だし、患者さんはすごく不満に思うでしょう。そういう意味では自分の歯科医院を守る為でもありますし、あなた方の技工所を守る為でもあるんです。マージンラインを記入したりストッパーを付けたりするのは、あなた方へのメッセージで、コミュニケーションなんです。患者さんには「技工士さんが苦労をして作っているんだよ」って伝えているんです。あなた方に患者さんの喜びが直接伝わればもっと仕事に対する意気込みが違ってくると思います。本当に満足のいく技工物が入ったときの達成感はすごいんですよ。それに、患者さんは「今日、新しい歯が入るんですよねー」って期待を持っていらっしゃっているのに、「再製作するからまた来週」なんて言えないですよね。でも、あなた方の作ったものはピタッと合うから、そういった心配もいらないけどね。だから技工所はシンワオンリーにしています。これからも、いろいろと工夫をしながらお互い協力し合って頑張って行きましょう。


《永井》
こちらこそ今後共、宜しくお願い致します。



         
サイト内検索

Menu

  • お知らせ
  • 歯科医師様へ
  • 製品案内
  • ラボ見学
  • インタビュー
  • ケースプレゼンテーション
  • BPS
  • 会社案内
  • 採用情報

[サイトマップ]

お問い合わせフォーム

お名前:
E-Mail:
お問い合わせ内容:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。