スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機能と審美の両立を目指すフルデンチャーテクニック

   ~機能と審美の両立を目指すフルデンチャーテクニック~

        須藤哲也先生 実習セミナー受講報告

                        株式会社 シンワ歯研
                           義歯課 佐藤 大介

セミナー02


1.日時
 平成24年2月18日~19日
2.講師
 須藤哲也 先生
3.内容
 ・解剖学的ラウンドマークを基準とした模型解析
 ・平均値の利用による審美性を目指した前歯排列
 ・機能としての両側性平衡咬合における臼歯排列と咬合調整
 ・IODのリスクにおける講義
4.所感
 今回のセミナーでは、模型解析による解剖学的ラウンドマークに基づいた平均値を 利用する審美と機能の両立を目指すフルデンチャーの排列を行いました。
 顎堤の吸収が著しく進んで排列位置が分かりにくい臨床のケースに応用できることから、模型解析がとても重要であると感じました。
 前歯の排列ではクリアのデンタルメジャーを用いてシンメトリーをチェックするなど、目や感覚だけに頼るのではなく、道具を最大限に利用することが大事だと教わりました。
 年齢が増すごとに口唇から上顎前歯が見えなくなるというデーターも、とても興味深く、参考になりました。
 臼歯排列では、パウンドラインに準じ歯列弓をシメントリーに排列し、側方運動時は、作業側で上顎・第2小臼歯・平衡側では、上顎第一大臼歯にてバランシングガイドを付与し、セミバランスオクルージョンを目指しました。
 セミナーを通して、感覚に頼る技術よりも何故そうなるのかの理由を正確に人に伝えることができる技術こそが本物の技術であり、歯科技工士にとって「考える力」が重要であると教えてもらいました。今回の経験を大切にし、臨床ケースに活かして、須藤先生のような熱い技工士になりたいと思いました。

セミナー01
スポンサーサイト

シンラシステム

阿部晴彦先生 シンラシステムセミナー受講報告

                      ㈱シンワ歯研 義歯課
                             野澤 康二

1.日時
 平成23年5月〜24年1月
2.講師
 阿部晴彦先生
3.内容
 講議:デモ:実習
 ・正中矢状面を基準とした診査.診断
 ・予備印象採得と模型分析
 ・エステティックフェイスボウ,シンラⅠによる咬合器付着
 ・ゴシックアーチトレーシングによる顎機能の評価法
 ・チェックバイトの記録と顆路調整
 ・人工歯配列
 ・ティッシュトリートメントによる最終印象
 ・シングルデンチャーへの応用
 ・パーシャルデンチャーへの応用
                     など..........
4.所感
 シンラシステムでは正中矢状面を基準とした診査診断をフェイスボウ、シンラⅠ・Ⅱ・Ⅲを使用して咬合器上に再現して行う、非常にシステマチックな総義歯製作法であり、ラボサイドでの技工操作も基準を明確にした操作性に優れたシステムだと感じました。
 セミナーでは阿部晴彦先生が実際に無歯顎の患者さんを使って治療用義歯から最終義歯セットまで9ヶ月に渡ってティッシュコンディショナーを使った粘膜調整のデモを行い、義歯の重要な要素である「患者の受容」を目的に、口腔内環境の改善や、患者教育など時間をかけての実習でしたので臨床での問題の対応にも参考になりました。
 人工歯配列の実習ではH-Aブレードを使った上下配列を行い、模型分析から咬合器付着、咬合平面の設定と頬舌的位置関係など解剖学的基準値を用いてシステム化された方法で行われました。
 セミナーを通して細かくご指導いただいたインストラクターの先生や一緒に受講した先生方との貴重な時間と出会いが、何より刺激になり、又阿部晴彦先生の長い臨床経験の歴史とフィロソフィーを聞けたことが貴重な経験になりました。
 今後はシンラシステムを臨床活用されている歯科医師の先生と臨床ケースを通して今回のセミナー受講の経験を活かしたいと思います。

シンラシステムセミナー
         
サイト内検索

Menu

  • お知らせ
  • 歯科医師様へ
  • 製品案内
  • ラボ見学
  • インタビュー
  • ケースプレゼンテーション
  • BPS
  • 会社案内
  • 採用情報

[サイトマップ]

お問い合わせフォーム

お名前:
E-Mail:
お問い合わせ内容:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。