スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンワ歯研社内勉強会

日時:平成24年2月9日~2月10日
講師: 吉沢 和之先生 (株式会社オーリアラ 代表取締役社長)

今回は、オーリアラの 吉沢 和之先生をお迎えし、メタルボンドと硬質レジン前装冠のコースに分けた二日間の実習&デモ&講義&ディスカッションを含む社内勉強会を開催しました。
メタルボンドコースは、『多色築盛と内部ステインテクニックによる色調再現』をテーマに。
硬質レジン前装冠コースは『他と差をつけてみせる築盛法』をテーマにし、若手社員の口腔内模型をモデルに行いました。
初日は講義から行われ、シェードテイキングのポイントや、若年、中老年における天然歯の特徴とその構造の再現法。さまざまな臨床ケースの紹介をして下さいました。
私は硬質レジン前装冠コースでの実習に参加し、多色築成の方法や形態修正、表面性状の付与のノウハウをデモ&実習を通して学ばせていただきました。普段の臨床で数多く制作している前装冠は、効率と生産性を重視するあまり単調な色調で、どこか味気ない保険という外見。ですが吉沢先生の前装冠は完成までのスピードはもちろんのこと、切縁の透明感や天然歯と見紛うほどの自然感があり、保険という枠に収めておくには惜しいほどのクオリティに只々驚嘆するばかりでした。メタルボンドに関しても同様に、デモ&実習が行われ、その場で口腔内写真を撮影して色調を再現する築成法と内部ステインテクニックをご教示下さいました。
技術競争に勝つための有力な手段としてこの勉強会で学んだ技術と知識は翌週からの臨床に即取り入れております。技術的にまだまだ未熟者ですが、現状に甘んずることなく常に向上心を持って、そしていつかは吉沢先生のような技工士になれるよう精進していこうと感じました。
ご多忙の中お越しくださり、大変有意義な講義をして下さった吉沢先生に厚く御礼申し上げます。


クラウン課 長谷川紘也




スポンサーサイト

シンワ歯研 プライベートセミナー&カタギリデンタルフェア セミナー

2013.2.23 24

JDAでも御活躍している、くにみ野さいとう歯科医院 齋藤善広先生(宮城県仙台市)をお招きし、
シンワ歯研内にてプライベートセミナー『適正下顎位を考える』という演題にて御講演いただきました。
ゲストは、日頃取引させていただいているDrを中心に19名が参加し、齋藤先生のライフワークでもある、
ゴシックアーチを使った診査診断や、CT動画による下顎位の動き方などを解りやすくお話いただきました。
懇親会では、ゲストのDr2名による症例相談プレゼンが行われ、齋藤先生をはじめ、Dr・Dtの視点での
ディスカッションや、お酒を交わしての交流と、懇親会も大盛り上がりで閉幕しました。
翌24日は新潟テルサにて、カタギリデンタルフェア内の齋藤先生のセミナー
『吸着そして機能的な総義歯臨床の実践ポイント~Frame Cut Backトレーによる臨床 下顎総義歯の吸着~』
へ参加しました。
最初に、吸着のメカニズムについてから始まり、吸着の効果、
Frame Cut Backトレーによる概形印象のポイント、ゴシックアーチによる再現性のある機能的義歯、
「大野の台形法」による水平的な人工歯の排列基準、etc…と非常に盛り沢山の内容で、吸着・機能的な
総義歯のポイントを講演していただきました。
2日間通して齋藤先生の貴重な資料とお話を、取引先の先生方と共に聴講出来たこと、大変有意義に過ごさせて
いただきました。
齋藤先生をはじめプライベートセミナーへとご参加下さいました先生へ改めて、厚い御礼を申し上げます。

義歯課 敦賀 一祥

__.jpg
         
サイト内検索

Menu

  • お知らせ
  • 歯科医師様へ
  • 製品案内
  • ラボ見学
  • インタビュー
  • ケースプレゼンテーション
  • BPS
  • 会社案内
  • 採用情報

[サイトマップ]

お問い合わせフォーム

お名前:
E-Mail:
お問い合わせ内容:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。