スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本臨床歯科補綴研修会・テクニシャンコース” あらゆる補綴の歯列再建基準となる総義歯排列”を受講して

日本臨床歯科補綴研修会・テクニシャンコース”あらゆる補綴の歯列再建基準となる総義歯排列”を受講しました。
講師は星 久雄先生です。主な内容としては「スライドでの講義」と「e-Ha イーハ クワトロブレードを用いての排列実習」となっています。
講義では、臨床のケースプレを通して作業模型の製作法から、ゴシックアーチ、顎位、性別を考慮しての前歯人工歯の形態の選択、上顎前歯の歯冠形態に応じた配列など、臨床にすぐに活かせるような話しを聞くことができました。
実習では解剖学的ランドマークを基準としたデンチャースペースの考え方、123の連続性、臼歯配列、削合、ガイドを実際に技工をしながら丁寧に指導して頂き、本を読むだけでは決して得ることが出来ない体験ができました。技工士として成長できたことを心から感謝しております。


義歯課 佐藤大介


20140301.png
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
サイト内検索

Menu

  • お知らせ
  • 歯科医師様へ
  • 製品案内
  • ラボ見学
  • インタビュー
  • ケースプレゼンテーション
  • BPS
  • 会社案内
  • 採用情報

[サイトマップ]

お問い合わせフォーム

お名前:
E-Mail:
お問い合わせ内容:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。