FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦孝司先生「私の義歯設計のポイント」

新潟市横越中央で開業されている三浦孝司先生の診療所にお邪魔して、お話を伺いました。

三浦孝司先生 三浦先生と一緒に

酒井:早速ですが、まずはじめに欠損歯列を読む時のポイントは?
三浦:えーっと、まず義歯かブリッジかということですよね。やっぱり残存歯数とその配置がかなり重要ね。ブリッジにならない場合っていうのは欠損歯数が多かったりすると床で負担しなきゃならないよね。
酒井:設計を考える時、何を一番重要視されていますか?
三浦:加圧と受圧の関係が一番!あと患者さんがどれだけお金をかけていいものなのか影響してくるよね。
酒井:設計を考える時、加圧と受圧・配置それに関連してクラスプを見る時、維持・支持・把持どれを重要視されますか?
三浦:えーっと、僕はやっぱり支持→把持→維持の順番で考えるんだけども患者さんから見ると「維持」なんですよねー。僕らの場合は残っている鉤歯を守っていく。患者さんの場合は「はずれない」っていうのがすごく大事な要素なんです。
酒井:先生は、シンギュラムレストをよく使われていますが、どうしてですか?
三浦:やっぱりシンギュラムレスト!特に犬歯ですよね。支持なんですよ~。その力が根尖に向って確実に伝わっていく事と、ある程度把持も期待できるんです。維持力に関しては、そんなに強くないかもしれないけど、支持の面では将来的に前歯の補綴、前装冠とかMBを入れる場合は、予め基底結節にシンギュラムレストを付けといて、その可能性を常に予想してトラブル予防します。僕は自分の中では、変な言い方だけど費用を抑えたコーヌスって感じかな。
酒井:きもーち維持を求められる、そーゆー設計が望ましいと言うことなんですか?
三浦:そーですねー。審美的にも唇側はワイヤーとコンビでやってみたりね。でも唇側に維持がなくてもレストだけあれば結構きれいで使える義歯になりますよ。後もう1つ、シンギュラムレストを使うのは、昔のエーカスタイプのものを見ると鉤歯から滑ってしまっていて顎堤が吸収されている場合が多く、そういう意味で顎堤の保存にもなるかなと思いますよ。
酒井:先生はコーヌスを使われることが有りますが、コーヌスの良さっていうのは、どんなところですか?
三浦:例えば何歯か鉤歯にしてあって、そのうち1本が破折にしても修理が非常に楽というかね、金属床に比べてそのコーヌスをずっと使い続けることができるし、審美的にも普通の金属床よりずっと良いですね。あと脳血管障害で片マヒのような方とかは、コーヌスとか、マグネットのような着脱しやすいものを考えてあげれば良いと思います。ただ冠をはずして作ったけれどもコアが短くて破折したりとかトラブルも結構あるし、やっぱりコストねぇー高すぎてなっかなかすすめられないんですよ・・・。
酒井:コーヌスを使っていて維持力がなくなってくる事はありますか?
三浦:あります。
酒井:そーゆー場合はどうされるんですか?
三浦:うーん・・・何をやっても駄目な場合は、全部バラしてピックUP印象して修理しますね。だから、コーヌスっていうのはフォローも非常に大変なんですよね。でも、すごい維持がですぎて自分じゃ絶対外せない場合っていうのは歯牙に対する負担が大きくて歯の寿命が短くなる。それが一番怖いです。
酒井:義歯をSETした後、気を付けていることは何ですか?
三浦:破折、小さな変化、汚れがどこにつくか、床の内面あるいはコーヌスだったら外冠の内側とか、そういうのはできるだけチェックしてますね。あとヒビがないか。とりあえず補綴物に関してはよーく観察してます。鉤歯・残存歯はリコール・メンテナンスを必ずするようにしていますね。
酒井:最後に、今までの質問を総括して・・・
三浦:そーですね。結局残っている歯を守るためにはやっぱりリコール・メンテナンスを確実にすること。1ヶ月から3カ月の間にクリーニング、要するにPMTCが保険でできるようになってるんです!
酒井:Oh!それは患者さんにとってうれしいシステムですね!今日はありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
サイト内検索

Menu

  • お知らせ
  • 歯科医師様へ
  • 製品案内
  • ラボ見学
  • インタビュー
  • ケースプレゼンテーション
  • BPS
  • 会社案内
  • 採用情報

[サイトマップ]

お問い合わせフォーム

お名前:
E-Mail:
お問い合わせ内容:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。