FC2ブログ

ノンクラスプデンチャーシンポジウム

日時:平成24年 4月 1日
会場:秋葉原UDX
講師/演題
第一部 村岡秀明先生 「ノンクラスプデンチャー、私の臨床」
第二部 谷田部優先生 「失敗しないノンクラスプデンチャーの臨床」


ノンクラスプデンチャーシンポジウムに参加して来ました。

主な内容として、村岡先生は実際の臨床のムービーを流しながら、ノンクラスプデンチャーの適応症例、ノンクラスプデンチャーの利点、トラブルが起きたときの対応策など。
谷田部先生はノンクラスプデンチャーの適応症例、ノンクラスプデンチャーの設計をメインテーマにしつつ、その他に、ノンクラスプデンチャーの位置づけ、ノンクラスプデンチャーの問題点、ノンクラスプデンチャーの材料、臨床例、そしてメインテナンス法について話されていました。

私自身、ノンクラスプデンチャーを臨床で多くやり始めてからおよそ3年が経とうとしています。その間、先生方からの問い合わせ内容で最も多かった内容は、適応症例や設計、や素材についてのものでした。
また、最近では後のセットメインテナンス法や経年変化についての対応について聞かれることもあります。
今回の内容は、まさに日頃臨床で疑問に思っていることに対しての解決策やヒントに繋がるものが多く、明日からの臨床に役立つ内容でした。

今回、個人的に気になったポイントとして、補綴学会で今後ノンクラスプデンチャーのガイドラインが見直される可能性があるというお話があります。
エビデンスが少ないと言われているノンクラスプデンチャーですが、少しでも多くの文献が発表され、より根拠のある仕事ができるようになれたらと思います。


yoshida1 yoshida2


公演後にはお二人の先生方に自分が関わった症例を少し見ていただきました。
お時間がない中、優しくコメントをいただき、感謝しています。
今後も経験を重ね、より良い仕事をして行きたいと思います。


吉田馨太
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
サイト内検索

Menu

  • お知らせ
  • 歯科医師様へ
  • 製品案内
  • ラボ見学
  • インタビュー
  • ケースプレゼンテーション
  • BPS
  • 会社案内
  • 採用情報

[サイトマップ]

お問い合わせフォーム

お名前:
E-Mail:
お問い合わせ内容: