スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業未来塾2012に参加して

博進堂 企業未来塾 2012

「本物のリストラとは?」
2012.4.14 10:00〜12:00
一部 講演 平松庸一氏(新潟大学大学院技術経営研究科准教授)
二部 平松庸一氏×清水義晴(えにし屋主宰)

リストラ


リストラと聞くと社員の首切りで、とってもネガティブなことで、本物のリストラってあるのだろうか?あるとしたらどんな事なのだろうかと思い参加をしました。講演会には年配の男性ばかりと思っていましたが、女性も多く少しビックリしました。

講演で本当のリストラとは、社員の首切りではなく再構築をすること。
コスト削減をして、それでもどうにもならないで、リストラしても上手くいかない。売上−経費=利益、利益をだす為に人件費を削減しても会社は弱くなるだけ、固定費の中にも利益が含まれている。
売上を上げる、利益を上げること、顧客の価値向上を考える事が大事、再構築でリストラは防げる。社員のアイディアを聞く、社員に考えを持って動いてもらう。会社(ブランド)のれんは、繊維(社員のgood will)で出来ている。
人はお金で動かない、人は利益を生む、人が資源、人が会社を作る。
組織の再構築でリストラは防げる。
最近、私たちの会社の売りは何だろう?どんな所を見てもらいたい?と若いスタッフとディスカッションをしたところ、最新技術、高品質、職人技、職人魂、
サービスなどでましたが、最後には人を見てもらいたい、見えない所にも職人魂が入っている技工物、顧客満足を一生懸命に考えるサービス、最新技術を学ぶ為の勉強、すべてが人だからです。このディスカッションの後で今回の講演で人が大事だと聞いたとき、若者スタッフが人を見てもらいたいと考えている事にこれからも今の考えが変わらないように未来を見続けられるように微力ながら頑張って行こうと思います。


猪股 明子
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
サイト内検索

Menu

  • お知らせ
  • 歯科医師様へ
  • 製品案内
  • ラボ見学
  • インタビュー
  • ケースプレゼンテーション
  • BPS
  • 会社案内
  • 採用情報

[サイトマップ]

お問い合わせフォーム

お名前:
E-Mail:
お問い合わせ内容:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。