FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUN MEDICAL

SUN MEDICAL スーパーボンド実習付き勉強会
2012年6月7日(木)13:00~

ボンド

シンワ歯研 営業課・事務課でSUN MEDICALの田島さんと平田さんをお招きして、歯科接着用レジンセメント「スーパーボンド」の勉強会を行いました。
普段、営業で歯科医院へ伺っていると、セメントの事を質問される機会があるのですが、私の知識不足で先生方の望んでいる答えが出来ずに悩んでいました。「スーパーボンド」自体も名前を知っている程度でした。
近頃補綴物の多種多様化が進み、ファイバーコアやジルコニア、オールセラミックなど何にでも対応できる様に、歯科用セメントもレジン系セメントへと移行しつつあるように感じます。様々なメーカーからレジン系セメントが発売されていますが、その中でもスーパーボンドは8割の世界シェアを有しています。その理由としては、長期に渡りよく接着するからです。特性としては、臨床の現場においては難しい「完全乾燥」を逆手にとって、微量な水や空気に反応する「スーパーボンド キャタリスト」が長期的な接着を可能とするのだそうです。また前処理をしっかりと行うことで、色々な補綴物にも対応出来ます。
スーパーボンドについての説明を受けたあとは、実際に操作してみました。
「筆積み法」と「混和法」の2種類を体験しました。筆積み法は即重レジンと同じ位の流動性があるのかと思っていましたが、もっと硬く上手く球状に出来ませんでした。これを口腔内で盛っていくにはスピードとテクニックが必要だと思いました。混和法は従来のラジオペークと混和ラジオペークを使用し、高加速を比較しました。気温などに左右されてしまうラジオペークはすぐ糸引き状になってしまうのに対して、混和ラジオペークは容器を冷やしたりしなくてもある程度の流動性を保ったままでした。これは素人の私でも分かる位の差が表れて面白かったです。
今回勉強会に参加してみて、特性などは初めて学んだ部分が多いので、理解と納得することで精一杯だったのですが、話を聞いているとどの工程でも術者の事を考えて作られていて、その心遣いや気遣いを実感しました。心遣いや気遣いは営業においてもすぐに実践出来ることなので、勉強しつつ出来る事から始めようと思いました。
シンワ歯研の営業課・事務課では今現在、営業やコミュニケーションのスキルアップに繋げようと様々な業種の方をお招きして勉強会を行っています。直接歯科と関係ない分野からも吸収できるものが沢山あり日々勉強になります。これからも色々な事に興味・関心を持ち、営業としての幅を広げていこうと思います。そしてセメントのことを聞かれた時には胸を張って答えられるよう、また先生方に知識を提供出来るよう成長していきたいです。

                                          土田 瑠那

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
サイト内検索

Menu

  • お知らせ
  • 歯科医師様へ
  • 製品案内
  • ラボ見学
  • インタビュー
  • ケースプレゼンテーション
  • BPS
  • 会社案内
  • 採用情報

[サイトマップ]

お問い合わせフォーム

お名前:
E-Mail:
お問い合わせ内容:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。